FC2ブログ

『こころ病む人を支えるコツ』

こころ病む人を支えるコツ

田原明夫著 解放出版社2007


 

この本は新版で、第1版は10年以上前に出ている。

タイトルを見ただけで、「よくあるハウトゥー本だ」と言ってはいけない。この本は、単に患者にやさしく寄り添う本ではなく、患者や家族の思いを代弁する本でもない。あるいは精神科医療や行政の言い訳をするものでもない。

 

 著者は、長年精神科医療にたずさわってきただけでなく、京大病院など医学アカデミズムと連携した医療現場にいて、家族や当事者にも開かれた「日本病院・地域精神医学会」という団体で長く活動してきた。そうした活動の中で、日本の精神医療がかかえる問題を冷静に見つめ続けて来た。

だからこそ、患者や家族の立場をよく理解できるし、日本の現実を海外の事情と比べながら冷静に見極められ、提言の一言一言がずっしりと伝わってくる。

京都府の精神保険審査会委員などを歴任する中で、行政の立場も理解し、その努力も冷静に評価する。精神科医療の改革への努力や、なお改善されていない制度上の問題点や、差別や排除の歴史なども指摘する。この本の範囲は精神科医療全般に及ぶ。

 

しかし、なんといっても最も重く残るのは、

 

「患者はしんどいのだ。しんどい人に『そりゃ、しんどいね』という人が必要だ。」

 

という言葉だ。

急性期の患者の対応に迫られているとき、医師も看護師も家族も、どうやって入院させようか、どういえば薬を飲んでくれるか、身体拘束が必要か、などが先にあるのではないのだ。

著者の言葉には、精神疾患のとらえ方が出ている。くどくどと説明はなくても、なるほどとよくわかる。


N

~~~~~~~~~~~~
  »»»カテゴリー別記事一覧»»» 
 ~~~~~~~~~~~~

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 身内に患者がいます。急性期で入院するときなどは、時間外診療になるので、「診療時間内に来てください」と医師に何回も言われました。
 患者に寄り添う医療を目指していたら、こんな理不尽なことは言えないはずです。
プロフィール

うさぎもかめも

Author:うさぎもかめも
~~~~~~~~~~~~
うさぎもかめも、
白鳥もアヒルも、
コブタもオオカミも、
桃太郎も犬も猿も雉も鬼も、
若者も高齢者も
障害のある人もない人も、
誰もが参加し、誰もが輝く場をつくります。
~~~~~~~~~~~~~
このブログは
一般社団法人スローテンポ協会
が運営します。

»»»記事一覧»»» 
いま注目!
»»»こんな本があります»»»
~~~~~~~~~~~~~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ