FC2ブログ

中南米マガジン29号☆☆☆☆★

中南米マガジン 29号

   中南米マガジン社発行 500円+税

  ☆☆☆☆★


 とても興味深い雑誌があります。その最新号が出ました。

この雑誌は季刊とありますが、実際は遅れに遅れ、年1回ぐらいのペースで発行されています。B5サイズ45ページほどの薄さですが、とてもカラフルです。

一時期、存続はもう無理かと思われましたが、しぶとく復活しました。少数ですが根強いファンが存在し、熱い支持があるのでしょう。

こんな雑誌にも広告を掲載する企業がいくつかあります。

「特性かまぼこ、ご注文に応じます。深川常磐町小岩駅前通 蒲清」とあるのを見ると注文したくなります。

びっくりしたのは郵便局の広告です。「中南米マガジンを応援する郵便局! 横浜市青葉区 青葉台駅前郵便局」と、堂々としたものです。郵便ポストのイラストも目を引きます。

頭の固い郵便局をどうやって口説いたのでしょう。

そういえば、中南米マガジンはTシャツやCDの販売を始めました。送料無料のサービスは、まさか、ラテンファンの郵便局長をたらしこんだのではあるまいな。

おっと誤解しないでください。正確には小さな字で、CDは1枚だけなら送料180円必要、2枚以上から無料。ヤマトで届けられると書いてあります。

 

さてこの号の傑作は、何と言っても、オールタイムラテンミュージックランキングトップ10です。

1位は得票数5票で2曲、続いて3票が5曲、2票が14曲。日本人の誰もが知っている曲では、「ベサメ・ムーチョ」は5票、「キサス・キサス・キサス」は3票、「コンドルは飛んでいく」3票、「イパネマの娘」2票、「ラ・クンパルシータ」2票。日本生まれの「お嫁サンバ」は2票でした。

こんな少ない票数の結果であってもデカデカと記事にしてしまう。「やはり存続は無理か・・・」、と思うのは、内容を見てからにしてください。

どれも人気の名曲で、アルバムの写真とともに解説されています。

そこにある投票者のコメントがすばらしい。ラテン音楽専門家の論評とは違って、ラテン音楽のコアなファンの思いが込められています。例えばこんなのがあります。

ピアソラの曲「リベルタンゴ」に投票した3人のうち一人の女性は「母国で認めてもらえないという恨みつらみが、あのリズムやメロディーにこもっていて、それが日本人の感情の琴線に触れまくるんですよね~。」

 

さらに、『ベスト10に入らなかったけどいい曲』として、40曲ほどが表に紹介され、投票者の感想が載っています。その感想がまたいい。

ピアソラの「リトル・イタリー」の感想。「ピアソラのこれはタンゴとしてではなく聴いている。何というか人生の走馬灯のような感じがよい(神奈川県男性)」

ファネスの曲「フィハテ・ビエン」には、「コロンビア内戦で埋められた地雷を歌った歌。歌詞のリアルさとリズムの明るさのコントラストがショッキング。(東京都女性)」

といった具合です。もっと紹介したいのですが、読みたい方は中南米マガジンをお求めください。

感想を寄せた人の生活や人生と、曲とが結びついていて、専門家たちの解説とは違って、熱さが伝わってきます。こんな感想を読んだら、実際に曲を聴かないではいられなくなります。

中南米マガジンは、たった1票であってもその熱い思いを切り捨てることがない。だから、ファンがなくならないのだと納得しました。

N


いま注目!
»»»こんな本があります»»»

~~~~~~~~~~~~~

関連記事

Keyword : 中南米マガジン ラテン音楽 ファン ピアソラ リベルタンゴ ファネス 郵便局の広告

コメントの投稿

Secret

プロフィール

うさぎもかめも

Author:うさぎもかめも
~~~~~~~~~~~~
うさぎもかめも、
白鳥もアヒルも、
コブタもオオカミも、
桃太郎も犬も猿も雉も鬼も、
若者も高齢者も
障害のある人もない人も、
誰もが参加し、誰もが輝く場をつくります。
~~~~~~~~~~~~~
このブログは
一般社団法人スローテンポ協会
が運営します。

»»»記事一覧»»» 
いま注目!
»»»こんな本があります»»»
~~~~~~~~~~~~~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR