FC2ブログ

『和紙の里探訪記』菊池正浩著 を読んで 大嶋 寬

『和紙の里探訪記』菊池正浩 を読んで

大嶋 寬


 この本は2012年に草思社から出版された。著者は菊池正浩という昭和14年生まれの旅行ジャーナリスト。

 この著者は、あるとき和紙の魅力に目覚めたのだろう。突然、和紙の里の調査を開始した。2年半もの間、訪れた里は300ヶ所に及び、移動距離は8万キロを超えた。本ではそのうちの60ヶ所を紹介している。

 和紙の原料は、有名な楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)の3つである。かつてはいずれも野山に自生していたが、和紙の需要が高まって原材料が不足した時代は栽培もしていた。

 紙をすくには、清んだ冷たい水と糊が必要である。和紙づくりの糊はトロロアオイから作られ、その産地は清流のある山間地に多い。和紙の里はいずれも、それらの条件にかなったところにある。

 現在通常使われる紙は、機械で効率よく大量生産されており、全てが手作業で手間のかかる和紙の将来は風前の灯である。著者が訪れた300ヶ所の中でも、既に廃業された所が多い。


 この文章の筆者である私は、本で栃木県の烏山(からすやま)和紙が取りあげられていたので、親近感を覚えうれしくなった。というのも、私は栃木県に住んでおり、50年ほど前に栃木工業高校を卒業した。そのときもらった大切な卒業証書烏山和紙が使われていた。

 最近新聞のトップページに、烏山和紙からの卒業証書づくりが、カラー写真とともに紹介されていた。関東地方の小・中・高の130校の卒業生のために、合計28000枚がつくられるそうだ。

 記事には、和紙の良さを引き継ぐことの大切さが力説されていたが、改めて和紙文化の重要性を感じた。私はますます和紙に惹かれていった。

 数年前に栃木県茂木町の焼森山という山に、三椏の花の群生地がみつかり話題になった。和紙ファンになった私は、当然直接見に行った。3月中旬に薄黄色の花が咲く。花が終わった所から新芽が3つに分かれて出ることから、この名前がついた。

 和紙の里300ヶ所の一覧表の中に、私が住む小山市のすぐ隣にある結城市小森地区が出ていた。私は和紙ファンだから当然行ってみた。片っ端から地元の人にたずねて回ったが、和紙づくりに関連した情報は得られなかった。

 帰り道に結城図書館に寄って、小森の和紙づくりに関する情報の調査を依頼してみた。1ヶ月後にようやく返事がきた。いろいろと調べたが、残念ながら何の情報も得られなかったということだった。


 栃木県では、鹿沼市西部や栃木市の山麓で今でも少量だが麻が栽培されている。麻は、かつては麻縄に使われていたが、今では化学繊維に取って代わられた。その麻からも紙がつくられていた。

 紙は稲わらや芦(よし)などからもつくることができる。古代のエジプトやギリシャで紙に使われていたパピルスは、芦に似た水性植物である。どちらも茎や皮が利用される。いずれも繊維が長いから紙づくりに適しているようである。

 いろいろ調べてみると、昭和30年代まで桑の木からも紙がつくられていたことが分かった。しかし、採算が合わず全廃したとのことだ。いずれ調べてみようと思う。

 こうしてみると、和紙の原料には身近な材料が使われており、昔から人々はなりわいとしてきた。和紙は日本人の生活から生まれた伝統文化といえる。

 日本の和紙は、数百年もの耐久性があることことから、海外からも注目され、古典絵画の修復や文化財の補修などに使われている。今こそ日本の和紙を見直す時だろう。 了


いま注目!
»»»こんな本があります»»»



関連記事

Keyword : 「和紙の里探訪記」 大嶋寬 菊池正浩 烏山和紙 卒業証書

コメントの投稿

Secret

プロフィール

うさぎもかめも

Author:うさぎもかめも
~~~~~~~~~~~~
うさぎもかめも、
白鳥もアヒルも、
コブタもオオカミも、
桃太郎も犬も猿も雉も鬼も、
若者も高齢者も
障害のある人もない人も、
誰もが参加し、誰もが輝く場をつくります。
~~~~~~~~~~~~~
このブログは
一般社団法人スローテンポ協会
が運営します。

»»»記事一覧»»» 
いま注目!
»»»こんな本があります»»»
~~~~~~~~~~~~~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR