FC2ブログ

奇跡の1本松は、なぜ残ったか?

奇跡の1本松は、なぜ残ったか?

大嶋 寛

                                      


 東日本大震災からまもなく10年が経とうとしている。震災が話題になる中で、日本人なら「奇跡の1本松」を知らない人はいない。

 岩手県陸前高田市にあった高田松原には、7万本の松があった。大地震後の大津波によっての大木がことごとく流されていく中で、ただ1本だけが流されず残った。

 残された一本松にメディアが注目し「奇跡の1本松」として全国に紹介した。一本松は震災にさえ負けることのない力強さを象徴し、被災者や支援者たちを勇気づけ復興に立ち向かわせた。

 なぜ1本だけが残ったのだろうか?

 震災の頃から疑問に思っていた。


 ニュースの映像を見ていて、私は、松の木の根元にある鉄骨の残骸目がとまった。

 何か関係があるのではないだろうか

 若い頃から自転車が趣味で、仕事の合間をみつけて自転車で日本全国を旅してきた。今から47年前の1973年には、東北、北海道一周サイクリング旅行に挑戦し、その帰りに陸前高田によった。

 映像に映った鉄骨の残骸は、ひょっとするとそのとき宿泊したユースホステルのものではないのだろうか。ユースホステルは、当時の若人たちに人気の安宿であり、会員制の宿泊所として全国に500カ所以上もあった。


 震災から5年たって、鉄骨の正体を知る機会がやってきた。栃木から気仙沼を往複する900Km12日強行バスツアーに参加したときのことだ。

 松島や三陸海岸は、津波被害の復興工事の途上にあり、直視できないほどの惨状に大自然の力の大きさに驚嘆した。

 1本松の北にあった道の駅も壊滅状態だった。そこに震災を伝え継ぐための仮設の展示場があり、その壁面には津波の高さを表示していた。

 私は、その場にいたガイドに鉄骨の残骸のことをたずねてみた。そしてようやく、鉄骨はユースホステル残骸だということがわかった。47年前に、東北・北海道一周サイクリング旅行の帰路に宿泊したユースホステルのものだった

 役割を終えたユースホステルが次の世代のために、せめて松の一本だけでも残そうと老骨の最後の力をふりしぼって、大津波の前に立ちはだかった。残骸はその証だ。

 もっと詳しく聞きたいと思ったが、団体ツアーだったのであきらめた。

 いつかもう一度訪れたい。そして地元の人に、ユースホステルの鉄骨が奇跡の1本松を津波から守ってくれたという話をじっくり聞いてみたい。

20/11/19   

関連記事

Keyword : 奇跡の一本松 東日本大震災 陸前高田 大津波 ユースホステル 残骸

コメントの投稿

Secret

プロフィール

うさぎもかめも

Author:うさぎもかめも
~~~~~~~~~~~~
うさぎもかめも、
白鳥もアヒルも、
コブタもオオカミも、
桃太郎も犬も猿も雉も鬼も、
若者も高齢者も
障害のある人もない人も、
誰もが参加し、誰もが輝く場をつくります。
~~~~~~~~~~~~~
このブログは
一般社団法人スローテンポ協会
が運営します。

»»»記事一覧»»» 
いま注目!
»»»こんな本があります»»»
~~~~~~~~~~~~~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR