FC2ブログ

「こんな本があります」コーナーの考え方

 「こんな本があります」コーナーの考え方

 

 

当ブログの「こんな本があります」のコーナーは、おすすめの本や埋もれがちな本を独自に紹介しております。独自の判断で本を選択し、独自のやり方で紹介しております。

本を紹介するという社会的な役割を広い視点に立って考えておりますので、著者や出版社の意向とは多少ちがうこともあります。

この独自のやり方について、ご意見やご批判もあるだろうと思いますが、誤解のないよう、ここに基本的な考え方を伝えます。

最近になって『ニッポンの書評』豊崎由美著(光文社新書2011年)を目にしました。この本は日本の書評がどういうものかを知る上ではとても参考になりましたが、その考え方については批判的に見ます。

この本ををきっかけに、「こんな本があります」考え方を整理しました。以下は「こんな本があります」考え方です。

 

1.「本の紹介」に縛りがあってはいけない

新聞雑誌の「書評」で紹介されると、紹介された本の売れ行きはよくなるそうである。「書評」を担当する書き手たちの多くは、そうした役割を自負している。それでよいことばかりならそれでもよいが問題も生まれる。

書評」を書く作家や書き手たちは、自分の本が誉められたら、次の機会に相手の本を誉めるといった、提灯の持ち合いも生まれる。作家と出版社の間でも、「書評」が貸し借りの場にもなる。自分の仕事を確保しておくために、出版社に喜ばれるものばかりを書き続けるライターも出てくる。

世話になった師匠が本を出したなら、弟子が「書評」で恩返しをしたり、弟子の出世を支えるために、師匠が弟子をほめちぎる「書評」も生まれる。

 

海外と違って日本においては、「書評」という言葉が独自の意味を持っており、そこにこだわりを持つ人が多い。「書評」とは、本が注目され売れるように手助けするもので、本を批判するものは「批評」といって分けなければならないというのだ。

このことが、書評家たちや出版業界の了解事項になっている。だから、「書評」には批判的なことを書かないことが暗黙の掟となっている。

新聞や雑誌で「書評」を担当する書評家たちは、ネット上のブログなどで流行している「書評」や本の紹介に対しては、「書評もどき」といって軽蔑し、まともな文章も書けない素人集団だとして非難する。自分たちの城を守りたいのだろう。

「文章の美しさ」や「格調の高さ」などといった貴族趣味を前面に押し出して、素人の文章を、内容ではなく自分の趣味や好みで批判し、よそ者の参入を拒否するのは、決まって自分たちの城を守りたい人たちだ。

確かにネット上の文章には、ただの目立ちたがりやが書いたものや、アクセス数を上げて小遣いを稼ごうという目的のものもあるのだろうが、読みごたえのあるものも多数存在する。それは、新聞雑誌の「書評」についてもいえることで、あくまで個別に判断すべきものである。

一つ言えることは、新聞雑誌の「書評」では、書く人や字数、スタイル、内容などに制限が多いのに対し、ネットの「書評もどき」では誰でも参入できるし一切の制限がない。言論の自由度というものさしで判断すれば、ネットの「書評もどき」の勝ちである。

結論として言えることは、「書評」も「書評もどき」も中身さえよくて、読んで役に立つならそれでよい。新聞雑誌の「書評」には縛りがあるから、おもしろいものが少ない、ということになる。

当ブログは、日本の新聞や雑誌などに掲載される「書評」は、つまらないものが多いと考えるから、独自に「本の紹介」をすることにした。誤解されないように「書評」という言葉は使わないし、日本の書評界における決まりごとや慣わしなどに縛られないで独自の書き方をする。

 

2.「本の紹介」は、宣伝、批判や評価が目的ではない

アマゾンのカスタマーレビューは、文章だけではなく、おすすめ度まで☆の数で示してくれる。読書家が参考にして買う買わないを決めることがあるのだから、本の売れ行きに影響を与えることは間違いない。

アマゾンで本を購入した人なら誰でも書け、内容にはほとんど制約がないし、☆の数も自由に投票できる。だから公平に本が評価されているだろうと思いがちだが、そうでもない。

気に入らないと思った本を強い調子で批判する人もいる。攻撃そのものが目的の場合は、批判の根拠も示さず、論理的矛盾があっても、ただ強い調子で攻撃すれば、それだけで読む人に影響する。単なる誹謗中傷もある。そのやり方はヘイトスピーチに共通する。それによって本の売れ行きに致命的ダメージを与えることもある。

著者や出版社には守る手立てはない。やられたらやり返すということも横行し、誹謗中傷合戦にまでなる。

これは、論理的に文章が書けないという書き手の問題もあるが、内容のない強い言葉に影響を受けてしまう読み手の側にも問題がある。

そのことに気付いてもらうためには、アマゾンは、掲載された文章に対する批判を受け付け、並べて掲載するのがよいと思う。

しかし、アマゾンは面倒なことに関ろうとしないだろう。すでにアマゾンは、☆の数と投稿数で本を評価するという確固としたシステムをつくり上げてしまった。それを崩すようなことはしたくない。

誹謗中傷とは逆に、アルバイトを雇って、5つ星評価の投稿をどんどん増やすこともできる。それで本が売れれば、アルバイト料など安いものだ。そのような投稿は、内容を読めばわかるだろうが、利用者は星の数のみを参考にしがちだ。

アマゾンの投稿とは関らない方がよいと思っていても、つい見てしまうのが人間である。ここに何でもありの恐ろしさがある。「売れるためには何でもあり」を許すと、市場はこういうものになってしまう。

 

当ブログの「本の紹介」は本の評価を決めることが目的ではない。「本の紹介」が目的だが、どのような視点から紹介するか、どのように紹介するかは、それ自体が立派な言論だとみる。

例えば、この文章は、当初『ニッポンの書評』を紹介する記事として書き進めた。この本は、日本の「書評」の内幕を知るうえでは役に立つが、著者には「書評」の社会的役割や読書のあり方などの広い視点がないと思った。著者の考えに対する批判や別の考え方を提示することは、立派な言論活動といえる。

『ニッポンの書評』を紹介する記事としても構わなかったが、この本とは全く無関係に読んでもらった方がよい内容なので、タイトルを変更し、スタイルを若干変更した。同じ内容でタイトルだけを変えれば、『ニッポンの書評』の紹介にもなった。

「本の紹介」は、読者が読んで得るものがあればそれでよい。それが、紹介する本の内容とは違っていてもいっこうに構わない。

 

3.ネタバレを問題にしない

 スリラー小説のファンなどには、ネタをばらすと怒る人が多い。自分で読み進めるときのハラハラ、ドキドキがよいのであって、前もってネタをばらされれば、読む喜びを奪われてしまう、というのだ。そんな訳で、「書評」におけるネタバレは、禁物らしい。

 ときどきネタバレ「書評」もあるが、大作家など大御所が書いたものは、誰も文句が言えないからそのまま掲載されるのだろう。

 日本の「書評」は、ネタバレを気にするあまり思い通りに表現できないことになる。そもそも、本の売れ行きを上げ、作家や出版社の利益ために貢献することが「書評」の目的だと考えるから、こんな決まりが生まれる。

 考えれば、単純なことだ。

 ネタバレを気にするなら、何故「書評」を書くのか。「書評」など、本の紹介をすること自体が、たとえ一部であっても本のネタをばらすことである。

しかしそれ以前に、ハラハラ、ドキドキを楽しむ読者は、「書評」を読まなければよいだけのことだ。

 テレビ番組の『100分で名著』や、古典紹介本の『ビギナーのためのハイデガー』『今読むアダム・スミス』などは、ネタバレそのものである。ネタバレは、視点を変えれば、読者にとって役に立つものなのだ。マルクスの原著を読んでいなくても、マルクス主義の話題についていけるのは、ネタバレのお蔭である。

 ネタバレを問題にすること自体が、まことに視野が狭い。本が話題になって世間で議論の対象になれば、よいではないか。そうなれば、本を読もうとする人も増える。

とっつきにくい本に入り込みやすいようにガイドする、読んだ後でも「こんなとらえ方もあるのか」と気付くなどなど、「本の紹介」のやり方やその読み方はいろいろあり、「本の紹介」を読むことのメリットはいくらでもある。「本の紹介」は、それ自体が独自に新しい見方、考え方を読者に伝え、読者がよかったと思えば、それでよい。何でもありである。

『こんな本があります』は、意識してネタをばらそうとすることはないが、結果的にネタバレをすることもあるが、そんなことを問題にしない。

それよりも、本を読んだ人にも、まだ読んでない人にも、新しいもの(something new)を提示することを目的にしている。少しでも多くの人が読んでくれ、何かの機会に話題にしてくれるならそれでよい。

 

4.☆★の数は読者の便宜をはかってのこと

「本の紹介」も数が増えると、「おすすめがいっぱいあるけど、その中で一番のおすすめはどれ?」という要望が出てくる。もちろん、おすすめは相手に合わせて決まるのだが、それを前提にしたうえで一般読者というものを想定するなら、おすすめの度合いが出てきてもよい。それを☆の数で表示した。あくまで目安である。それを知った上で利用してくれればよい。

逆に、著者のとらえ方や考え方に批判したり、論理的な矛盾を指摘したりすることも多い。批判的な意見を前もって知っていれば、本に騙されたり、論理矛盾した考え方を植えつけられることはない。前もって評判を聞くことによって、読み方が変わってもよい。批判度の大きさを★の数で表した。

本の読み方は人によって違って当たり前である。論理矛盾した本が出版されるのも、社会がそれを受け入れるからであり、それも現実社会を反映する。それを知るための読書というものがあってもよい。

 

5.複数でチェック

 文章が独りよがりになったり、込められた主張が相手に伝わらなかったりすることが、誰にでもある。それを避けるために、原稿は必ず複数でチェックする。

 

6.常に更新、追加

 記事はあくまで掲載時の記事である。世の中は常に変化し、記事を書いた人間も日々成長する。間違いが見つかれば修正し、足りない点に気付いたときは追加する。


 以上です。

 今後も、追加、訂正はあります。

 2019年9月 文 N


 »»»記事一覧»»» 


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うさぎもかめも

Author:うさぎもかめも
~~~~~~~~~~~~
うさぎもかめも、
白鳥もアヒルも、
コブタもオオカミも、
桃太郎も犬も猿も雉も鬼も、
若者も高齢者も
障害のある人もない人も、
誰もが参加し、誰もが輝く場をつくります。
~~~~~~~~~~~~~
このブログは
一般社団法人スローテンポ協会
が運営します。

»»»記事一覧»»» 
いま注目!
»»»こんな本があります»»»
~~~~~~~~~~~~~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ