FC2ブログ


インスタントラーメンにも

歴史があった

   

  

 

 テレビドラマでインスタントラーメンが話題になっている。インスタントラーメンと自分自身との関わりを振り返ってみたら、それを文章にしたくなった。

 インスタントラーメンが我が家に登場したのは1955年頃である。八百屋にも魚屋にも並べられ、すでに人気商品だった。

 インスタントラーメンの元祖は、日清食品の創業者、安藤百福が開発したチキンラーメンだ。他の食品メーカーも「これは売れる」と見抜き、すぐにまねをして独自のインスタントラーメンをつくり売り出した。     

 各メーカーが競い合ったから、テレビコマーシャルで毎日のように宣伝された。大人も子供も、コマーシャルにのって商品名と会社名をすっかり憶えてしまった。家庭の台所を担っていた母親達は、「これは手間がかからない」と喜んだ。

 「鍋一つでラーメンがすぐ出来る。」「簡単、便利で手間いらず。」 だから、大人にも子供たちにも大人気だった。

 「うちはチャルメラよ」とか「うちは出前一丁ラー油付」だとか、母親達の井戸端会議でもラーメンの話題でもちきりだ。テレビにすぐに影響される子供たちも、学校に行って自分の好きなラーメンを言い合った。ちなみに私の家は、サッポロ一番かチキンラーメンだった。

 お昼ごはんやおやつの中身が変わったのはこの頃だった。私が小学生の頃は、土曜日が半ドンだったので、家に帰ってからのお昼ごはんは、インスタントラーメンかおにぎりというパターンがほぼ出来上がった。


 間もなく、テレビで「インスタントラーメンの問題点は?」という特集番組があった。

 その内容は「偏った栄養のインスタントラーメンばかりを採り続けるのは身体に悪い。」「脂肪や塩分の摂り過ぎも良くない。」「野菜や卵を入れて、栄養のバランスをとらなくてはいけない。」というものだった。

 ラーメン好きの私の体重が少しずつ増え、小学6年生のときには立派な肥満児になっていた。簡単で手軽に食べられるラーメンは、人気の反面、脂肪分が多いのでカロリー過多になることに人々が気付き始めた。ニュースで肥満児が社会問題として取り上げられたのはこの頃だった。

 しばらくして、サッポロ一番に新しい仲間が登場する。まだ他のメーカーが醤油味で競い合っていた頃、♪サッポロ一番みそラーメン、塩ラーメン♪が相次いで登場した。

 これは驚きだった。私はラーメン屋で塩味のタン麺を食べていたので、塩ラーメンなら「こんな味だろう」と予想できたが、みそラーメンは想像すらできなかった。街のラーメン店が味噌ラーメンを売り出すのはその後のことだ。始めてみそ味のラーメンを食べたときは、あまりの美味しさに、この世に生まれてよかったと思ったものだ

 みそ味、塩味がでた頃から、母のつくるラーメンに変化がおきた。それまでの醤油ラーメンには何も入れなかったが、みそ味、塩味のラーメンにはキャベツやニラ、もやしなどがのり、見るからぜい沢なラーメンになったのだ。

 ラーメンに野菜がのり始めたのは、テレビが特集番組で、「栄養のバランスが良くない。」「野菜をのせなさい。」と言ったからであり、それを受けて食品メーカーが野菜とマッチする味噌味、塩味を売り出してくれたからである。

 テレビのおかげで、野菜や卵などの入った贅沢インスタントラーメンを食べられるようになった。

 それから間もなくして、容器付きのカップラーメンが登場することになる。


 たべものがかり


 »»»記事一覧»»» 



関連記事
プロフィール

うさぎもかめも

Author:うさぎもかめも
~~~~~~~~~~~~
うさぎもかめも、
白鳥もアヒルも、
コブタもオオカミも、
桃太郎も犬も猿も雉も鬼も、
若者も高齢者も
障害のある人もない人も、
誰もが参加し、誰もが輝く場をつくります。
~~~~~~~~~~~~~
このブログは
一般社団法人スローテンポ協会
が運営します。

»»»記事一覧»»» 
いま注目!
»»»こんな本があります»»»
~~~~~~~~~~~~~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ