FC2ブログ

透析はつらいよ!」 

第1話. りんごとカリウム

 


「 りんごが喰いたーい!」


 あっすいません。冒頭から叫んでしまいました。

 これは、私のふだんからの欲求不満がそう叫ばせたのです。

 実は私、慢性腎不全で透析治療をうけている者です。


 話は2週間ほど前にさかのぼります。

 勤務先の会社に、取引先の業者さんが来て、紅く美味しそうに熟したリンゴを差し入れてくれました。同僚の女性が受け取り、皆で分けようとしました。 

 私は 「あの、私はいりません。カリウムが多いので・・・。」 と断りました。

 すると、彼女はまたもやすすめてくるので、

「私のぶんは皆さんで分けて下さい」 と丁重にお断りしました。

 しかし 「それでも」 という具合に又すすめられます。

 本当は果物が好物で、以前は少なくても朝・晩とほぼ欠かさず口にしていました。

「あーっ残念!無念!」

 腎不全になる前なら、リンゴを丸ごと食べられたものを、今は約6分の1程度しか食べられません。6分の1を食べると、もっと欲しくなりつらくなるのです。

 トマトやきゅうりの丸かじりは夢のまた夢、好きな野菜サラダも制限されて、いつも心の中で 「つらーいっ!」 と叫んでいるのです。


リンゴが自由に食べられない理由


 私をつらくさせる原因は何か?

 その正体は果物や野菜に多く含まれるカリウムと言う物質です。このカリウムを多く摂取すると、透析患者は高カリウム血症になり、不整脈や心不全などの大変な事態を招いてしまうのです。

 なぜでしょう?。

 それは、慢性腎不全になると尿の排泄量が非常に少なくなり、体内にカリウムが多く残留してしまうからです。

 栄養士からいろいろと指導を受けましたが、専門用語が多いため少ししか記憶にありません。

 おおざっぱに言えば 「食べ物の摂取は、適量を守り、暴飲暴食には気をつけましょう」 という話です。言うは安く行うは難し! 簡単には守れそうにありません。

 食べものへの欲求を押さえ込むのは、なかなかの我慢と努力が必要です。


最近こんな怖い話を聞きました


 60代の男性が透析をするために病院に着いて間もなくのことでした。胸の痛みを訴えて横になったまま動かなくりました。

 透析病院の先生方によって取り合えず緊急の透析が開始され、急いで救急病院へ搬送されました。対応が早かったので、その男性は命拾いをして1ケ月後に無事退院しました。

 男性の話では、自宅の庭に柿がおいしそうにたくさん実っていたそうです。熟しはじめた実から収穫をしておこうと思い、一個一個大切に籠に入れて収穫を終えました。家に入り、きれいに柿を拭いているうちに味見をしてみたくなりました。

 そして、「ちょっとだけなら大丈夫だろう」と思いかじりついたそうです。

「あ~、おいしいなー」と、そのとき男性は夢見心地だったそうです。

 しかし、ちょっとだけのつもりが、気が付くと4個も食べていたそうです。その後は、すでにお話したとおりです。


 この体験談を聞き 「これは自分も気を付けないとまずいな、カリウム恐るべし!」 と思うようになり、りんごが目の前にあっても「つらいよー」と心で叫んで我慢しているのです。


2018.03.20 たべものがかり   

   

~~~~~~~~~~~~~
»»»カテゴリー別記事一覧»»» 
~~~~~~~~~~~~~   

関連記事
プロフィール

うさぎもかめも

Author:うさぎもかめも
~~~~~~~~~~~~
うさぎもかめも、
白鳥もアヒルも、
コブタもオオカミも、
桃太郎も犬も猿も雉も鬼も、
若者も高齢者も
障害のある人もない人も、
誰もが参加し、誰もが輝く場をつくります。
~~~~~~~~~~~~~
このブログは
一般社団法人スローテンポ協会
が運営します。

»»»記事一覧»»» 
いま注目!
»»»こんな本があります»»»
~~~~~~~~~~~~~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ